北海道の 別という地名、北海道のほかの多くの地名がそうであるように、先代アイヌ人の付けた地名から由来している。 そしてこの「別」からも、 アイヌ人の和人とは違う考え方 、 発想そして時に生きざま までもがかいま見られて興味深いものが…。 第5回特別展「アイヌ語地名と北海道」 2019.07.06 (土) - 09.23 (月) 北海道の地名は、その多くがアイヌ語に由来します。このことは、アイヌ民族が北海道に先住してきたことの何よりの証です。 北海道の地名由来はアイヌ語起源である. 2012・夏 斜里・知床」の 会場に展示している「学習用パネル」を冊子にした ものです。 もくじ. 【岩見沢】郷土史を研究する市内志文町の山下栄光(えいみつ)さん(76)が、道内のアイヌ語起源の地名について独自の研究成果をまとめた本を自費出版した。足かけ7年を要し、各地で野外調査を行い、 … 前回記事をご覧になってない方は下記をどうぞ。『北海道蝦夷語地名解』を歩く~上磯郡の小旅行も中盤となりました。ゴールの「ハキチャニ」まではまだ遠いですが、よろしければこのままお付き合い下さい。To pet トー ペッ 沼川 『永田地名解』に られ, 北海道のアイヌ語地名と自然環境の関係について, より一層明らかにする必要がある。 キーワード 地名, 北海道, アイヌ語 i. ”カムイコタン” とはアイヌ語で「神の居るところ」という意味(山田秀三、「北海道の地名」)で、雨竜川のほか石狩川本流、空知川、夕張川、三石川、十勝川などの峡谷部・狭隘部につけられていますが、小樽の張碓のように海沿いのカムイコタンもあります。 北海道には、アイヌ語の地名が非常に多いです。ですから、普通に地名を読んでも読めるかぁ!ということが多いのです。北海道の市町村のうち8割近くはアイヌ語からできた地名とさえ言われるほど、北海道はアイヌ語 この冊子は、企画展「アイヌ語地名を歩く. ご存じの通り、北海道の市町村名はアイヌ語から来るものが圧倒的に多く、それが北海道らしさを形成する要因の一つとなっています。 が、今回はあえて「アイヌ語ではない市町村名」にスポットを当ててみました。 調べてみると、なかなか楽しい由来が盛りだくさんでしたよ。 アイヌ語地名 ・トーロ~沼のある所(塘路) ・ノトロ~岬のある所(能取) ・ナヨロ~川が合わさる所(名寄) ・シレトコ~大地の先(知床) ※( )は北海道にある地名 北海道内の市町村などの地名のほとんどは、アイヌ語の地名がもとに なっています。 Amazonで北道 邦彦のアイヌ語地名で旅する北海道 (朝日新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。北道 邦彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またアイヌ語地名で旅する北海道 (朝日新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 北海道は昔アイヌ民族の居住地だったこともあり、アイヌ語が語源となっている地名が多くあります。当て字の地名もあり、なかなか読むのが難しいんです。そこで今回は、北海道の難読地名をご紹介しま … The origin of name of Hokkaido came from Ainu vocabulary by great Sisam advocator, Takeshiro Matusu-ura. 1 北海道の地名とアイヌ語地名. 北海道の地名の8割はアイヌ語が由来ということで、なかなか耳慣れないものも多いですね。道産子でも初めて見る地名には読めないものもありますよ。その中でも「読めない!」難読地名にちょっとした土地の案内をつけてご紹介します。北海道ドライブの際にはぜひ探してみてください。 ②アイヌ語地名を考える視点 d.地名は各地域で地形などの特色に応じて名づけられました。 したがって同一のアイヌ語地名が多く存在します。 このページでは、それを意識した一般的な説明をしています。 e.地名には小地名と大地名があります。 北海道--地名 普通件名 (subject:NDLSH) アイヌ語 NDC (subject:NDC) 291.1 言語(ISO639-2形式) (language:ISO639-2) jpn 利用対象者 (audience) 一般 コレクション情報 (type:collection) 図書 デジタル化出版者 (digitizedPublisher) 国立国会図書館 提供者 (provider) 近代デジタルライブラリー はじめに 地名には, 行政や著名人によって人為的に命名さ れたものと, 民衆の間でいつとはなしに呼びならわ アイヌ語とはアイヌ民族の言語です。北海道や樺太千島などで昔は広く話されていました。しかし今では日本語あるいはロシア語にとって代わられて、消滅の危機に瀕しています。そんなアイヌ語の歴史や復興を目指した取り組みをお伝えします。 アイヌ語の「ユウンニ」(温泉があるところの意味)がなまったものだそうですよ! 最後は「市」で勝負だ. 池田光穂. 「北海道」には「本州」と違って変わった呼び方をする地名が多いですが、これらはもともと「アイヌ語」がルーツの地名なのです。そのなかでも「登別(のぼりべつ)」、「紋別(もんべつ)」、「芦別(あしべつ)」のように、「別」という字のつく地名が多いです。 2 アイヌ語地名のいろいろ① 「ナイ」と「ペッ」 北海道の様々な地名はアイヌ語が元 となっており、それぞれが深い意味を持ちます。 北海道在住の著者は和人と呼ばれた祖先が、 極寒の地で生きていける文化を発展させてくれたから、今の自分たちの生活が送れている . 北海道の地名の約8割はアイヌ語に関係するという。【地名を巡る北海道 hoppaライブラリー】 北海道以外のアイヌ語由来の地名集 北海道の由来 「最長片道切符の旅」にみる地名と名字のあれこれ 北海道の地名 … 北海道にはアイヌ語地名がたくさんあるため、他の地域とは違った楽しい響きを持つ地名がたくさんあります。このコーナでは私が個人的に大好きな北海道の地名を紹介したいと思います。 ─山田秀 三氏の地名研究から─. 最後に“市”です。北海道内の市の数は34。今回は2市を出題。 q9 空知管内 歌志内市 北海道の地名に多くある「ナイ」と「ベツ」「ナイ」と「ベツ」は、どちらもアイヌ語が由来ツーリングで北海道を旅すると、あちこちに「ナイ」と「ベツ」がついた地名に遭遇します。【内】真駒内、木古内町、黒松内町、岩内町、歌志内市、稚内市、幌加内町、中 と心より感謝しています。 アイヌ語のニシタプにより「樹木収縮スル処」の意(北海道蝦夷語地名解)。 このほかニシタプで「雲を被った山」の意とする説(バチェラー地名考),ニウシタプで「木多い山」の意とする説など(北海道の地名)諸説がある。 かならず 読んでください. その理由は北海道の先住民であるアイヌの言葉「アイヌ語」が地名の由来となっているからなんだとか。 そこで今回は、道産子の筆者が北海道の難読地名25選を5つの難易度に分けて挙げていきたい。